中小企業様・ひとり会社様にとってのNo.1のパートナーを目指します!!経理・財務・税務はお任せください。

メニュー
0120-958-817

中小企業様・ひとり会社様にとってのNo.1のパートナーを目指します!!経理・財務・税務はお任せください。

中小企業様・ひとり会社様にとってのNo.1のパートナーを目指します!!経理・財務・税務はお任せください。

24日 2月 2019
平成31年10月1日より、消費税(地方消費税含む)の税率が8%から10%に上がります。 法令上の別段の定めがなければ、平成31年10月1日以降の取引からは、基本的に10%の消費税率が課税されますが、その際に疑問点も出てきます。...
09日 2月 2019
消費税法が施行され、地方消費税を含む消費税が、今までは、3%・5%・8%となっていましたが、平成31年10月1日より10%に増税されます。 普通に考えると、消費税の増税前後で可処分所得が変わらない方であれば、消費税増税分の負担が増える事になります。...
27日 1月 2019
創業時の資金調達は、事業を成功に導くためにも、誤りのないように、かつ、速やかに行わなければなりません。 そのため、 資金が いつ、 どれだけの金額が、 どの目的のために、 必要なのかを計画しておかなければなりません。 そして、 自己資金がいくら必要なのか、 金融機関からの融資がいくら必要なのか、 補助金や助成金の交付を受けるのか、...
19日 1月 2019
平成31年10月1日から、消費税(以下地方消費税を含みます)の税率が、現在の8%から10%にアップします。 そして、一部の取引では、消費税の税率が10%でなく、8%に軽減されるものが出てきます。 この8%に軽減されるものは、次の対象品目の譲渡になります。 1、飲食料品...
11日 1月 2019
ご多忙の会社様には、利便性の高い電子申告をおすすめしています。 事業年度が終了すると、その事業年度の確定した決算に基づき、確定申告をすることとなります。 決算書時には、勘定科目内訳書などの決算書類の作成と合わせて、法人税や消費税、地方税の確定申告書類を作成する事となります。...
07日 1月 2019
ここ数年は働き方の多様化が広がり、多くの方が副業や兼業などをしているケースがあります。 例えば、会社員の方であれば、勤務先で今まで通り働きながら、投資で収入を得ている場合や、事業を始めて収入を得ている場合もあります。...
22日 11月 2018
既に多くの会社では、年末調整に関する案内をして、12月には年末調整を実施する予定になっていると思います。 年末調整を実施すると、対象者全員に年末調整による所得税等の過不足を精算して、源泉徴収票・給与支払報告書、法定調書合計、源泉税納付書の作成等をする事となりますが、...
17日 11月 2018
決算申告の時期が近づくと、 「今期はどれくらいの納税資金が必要なのか」 と気になってきます。 毎月の月次決算でもおおよその納税見込は分かりますが、決算申告が迫ってくると、実際にお金がどれくらい出て行ってしまうのかを把握する事は、資金計画上大切です。 当初予測を大幅に上回る納税資金を払う事となってしまった場合にはどうなるのでしょうか。...
09日 11月 2018
外国人観光客の訪日によるインバンド需要が増大しています。 そのため、輸出物品販売場で外国人観光客が免税対象物品を免税カウンターで購入する際に、免税カウンターの対応がかなり繁忙になります。 そこで、今までは、免税販売手続について、これまで輸出物品販売場において書面により行われていた購入記録票の作成等の手続がされていましたが、...
03日 11月 2018
事業を大きくする場合や多角化する場合に、関係会社を設立する事があります。 経営の効率化と明確化等の目的を果たしながら、親会社としては、関係会社の指導・管理をする事となり、場合によっては、親会社のメンバーを関係会社に役員として出向させる事もあります。...

さらに表示する